リップルXRP投資速報

Webエンジニアの視点からリップルとXRPの投資情報をお届けします。

2018年XRPが300円を突破してもまだまだ買いな理由

 

XRP300円突破

2018年新年早々新高値を連発しており、仮想通貨のなかでも時価総額2位に上りつめたXRPことリップルコインです。2017年は20円〜30円をヨコヨコしていましたが、上昇フェーズに入り大量の億り人を輩出中です。まだまだこれは通過点で1000円〜1万円を突破していく理由をお教えします。

 

仮想通貨XRPの強み

仮想通貨競争を考える2つの視点と通貨の歴史

簡単にいうとこれまでの通貨はC2Cで現金が最強で、B2Bは銀行口座間取引でした。そこにクレジットカード電子マネーといったB2C型の通貨がインターネットの黎明期に発展してきました。そして、今仮想通貨がC2Cの現金とB2Bの銀行口座間取引を駆逐しようとしています。

 

この仮想通貨競争のポイントはC2Cは手数料無料の現金をどうやってリプレースするかB2Bの銀行口座間取引をどうやって銀行を巻き込んでリプレースするかの2つだと考えています。

 

ブリッジ通貨であること

そもそもXRPはビットコインやイーサリアムと違って、仮想通貨でもブリッジ通貨とよばれるもので全く性質が異なります。どんな問題を解決するかというと、国際送金には多額の手数料がかかっており、送金に日単位の時間がかかるという問題がありますが、仮想通貨でブリッジすることで数秒で送金が完了できるようになります

 

ブリッジ通貨がなぜ必要かというと、日本円とアメリカドルの送金であればどちらもメジャー通貨なので手数料は比較的に安く済んでいるのであまり問題になりませんが、マイナー通貨同士の取引だと、一旦ドルに変えてから送金したりするので余計なコストや為替リスクが発生しているわけです。すでにブリッジ通貨としてドルが機能していますが、どうかんがえても仮想的に直接取引が行えた方がいいわけですよ。

 

ブリッジ通貨のイメージ図

f:id:kitahashi-ryoichi:20180104152514p:plain

 

Newbee - 仮想通貨を詳しく

 

市場規模は2012年のデータですがかなり大きいものですし、インターネットの波でもっと送金額は増えていくことが容易に想像できます。

総国際送金額は2012年時で5340億ドル(約55兆円)

国際送金の壁 - 仮想通貨を詳しく

 

仮想通貨としてのスペックが高い

時価総額の大きいビットコイン・イーサリアムとくらべても圧倒的に高いスループットがあり、5年以上運用しているので安定性もあります。

 

公表されているスペック 

  1. 4秒で送金が完了する
  2. 秒間1500取引処理できる

XRP | Ripple

 

1ビットコインの価格は200万円を超えましたが送金に1時間以上もかかるようではユーザーニーズを満たすことはかなり難しいです。秒間取引速度も遅いので解決するためにライトニングネットワークというブロックチェーンの外で取引してしまうという解決策は本末転倒ではないでしょうか?

 

ブロックチェーンのメリットがなくなるじゃん

 

イーサリアムもスマートコントラクトがすごいと取り上げられることが多いですが、スマートコントラクトの裏は結構なコストがかかりますし、分散台帳にしないといけないほどでかいシステムってほとんど存在しません。今やクラウドサービスを使うことでトヨタの全取引データでも余裕でデータベース管理できますよ・・・。

 

他にもスペックの高い仮想通貨はたくさんあるので競争の土台に立ててるレベルでしょうか。

 

リップル社がBizDevしている

これはWebエンジニアとして投資するにあたって大きく評価しているポイントです。BizDevする主体がいるというのは現実の課題解決をするということなので、他力本願にAPI公開したから使ってねということではなく、アライアンスを結んでテストして実運用していくことになります。 

 

すでにアメックスやSBIなど多くの銀行がリップルとアライアンスを結びテストを進めるようなフェーズに入りました。

 

https://www.influencive.com/amex-ripple-partner/

SBI Ripple Asia | Ripple

 

実運用が始まれば1000円→1万円も想定内

現在XRPは約50の取引所で取引されていて、各社が送金テストなどを行っているフェーズですが、実運用が始まれば送金額に応じたXRPの時価総額が必要になります。

 

2018年1月時点で時価総額は16兆円しかありません。

ブリッジ通貨なので時価総額が16兆ってことは最大で16兆円しか送金ができません。

 

もうお分かりだと思いますが、海外送金だけで50兆以上あって、B2Bの取引はもっと大きな金額規模になるので実運用されれば1000円は通過点で究極的には1万円も突破してくるのではないでしょうか?

 

まとめ

仮想通貨の中でもブリッジ通貨という特徴を持ったXRPで、特定の問題を解決しBizDevもうまくいっているようで一気に普及すれば1000円→1万円もありうる仮想通貨のなかでも有望なコインです。早く買わないと完全に乗り遅れてしまいますよ!

 

XRP買うなら口座開設が早くて手数料も安いCoincheck 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin