リップルXRP投資速報

Webエンジニアの視点からリップルとXRPの投資情報をお届けします。

リップルが目指す価値のインターネットは世界を変えるか!?

 

インターネットで情報は瞬時に得られるようになった

wwwが生まれて最初はおもちゃでしかなかったものが、スマホの登場で普通の人が当たり前に使うものになった。やりとりできるのは情報だけだったが地球はもっと小さくなった。世界中の人と友達になることもできるし、スマホさえあればGoogleMapで旅も気軽にできるようになった。最初はおもちゃみたいだったけど、今や時価総額の上位企業はインターネット企業ですよね。

 

価値の交換はまだまだ自由にできていない

便利になる一方で旅をすれば現地の通貨で支払わないといけないし、クレジットカードなどの中間業者を利用しないといけない。中間業者がいるってことはそれに手数料を払っているってこと。それでもそこそこ便利だけど価値を交換するのってまだまだ自由じゃないよね?

 

この問題の分かりやすい市場は国際送金が平均42ドルかかって、合計1.7兆ドルもコストがかかってるのなんとかならないかなってこと。ただ、価値を交換してるだけでこんなにも中間マージンがあるのってやっぱおかしいよ。お金送るだけで42ドルもかかるなんてアホじゃん。

The Internet of Value: What It Means and How It Benefits Everyone | Ripple

 

価値交換も自由にできるのが価値のインターネット

世界中の人と情報が交換できたり、自分で情報を発信したりすることができるのと同じように価値の交換も自由になるビジョンを描いているのがリップル社とその仮想通貨XRPです。飲み会で割り勘するときも仮想通貨で1円単位の分割決済も余裕でできるだろうし、数十円以下の小さな取引もアプリを使って中間業者なしに行えるようになるとどうなるかなんて想像もできない。だってインターネットが出来たときにFacebookができるって想像ついた?とにかく価値取引にイノベーションが起きようとしていて、それが価値のインターネットというビジョンを示しているリップルっていう会社ってこと

 

2018年XRPが300円を突破してもまだまだ買いな理由 - リップルXRP投資速報

 

まだ今は何に使われるかよく分かってないフェーズ

まだまだなんだかよくわからないけど、たぶん仮想通貨は良さそうだと皆が思っているフェーズです。国際送金の問題はきっと解決されるだろうけど、その先にXRPがブリッジ通貨として本当に機能し始めた時にどう価値の交換が行われるようになるかはまったく検討も付きません。Webエンジニアなので、これを使ってどんなサービスを作り出せるかを考えるのはワクワクしてきます。

 

それでもまだ、よくわかってないフェーズなので投資タイミングとしては全然遅くありません。乗り遅れないうちに余剰資金を突っ込んでみてはいかがでしょうか?賭けてみるだけのポテンシャルがXRPにはあります。

 

リップル買うなら口座開設が早いCoincheckがオススメです。

早く買わないと本当に乗り遅れますよ。

仮想通貨はインターネットと同じで世界を変えてしまいます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin