リップルXRP投資速報

Webエンジニアの視点からリップルとXRPの投資情報をお届けします。

リップルXRPに関する10の知っておくべきこと(適当訳)

 

リップル公式の適当抜粋訳です

 

ripple.com

 

リップルXRPに関する10の知っておくべきこと

 

1.   XRP is the only digital asset specifically designed for financial institutions and payment providers

XRPは金融機関や決済プロバイダー向けに設計された唯一のデジタルアセットだよ。

 

2.  XRP is the most scalable digital asset

XRP is the fastest, most scalable digital asset. Its five-year track record of reliable technology and governance makes it ready for institutional and enterprise use.

XRPはデジタルアセットのなかでも一番スケーラブルだよ。

 

つまり、大規模な企業間取引でも国家だろうとなんでも対応可能だよということが言いたいらしい。

 

3.   It acts as a bridge between fiat currencies

XRPは法定通貨をブリッジする。

 

法定通貨っていうのは日本円とかアメリカドルとかいわゆるみんなが思ってる通貨のこと。なんでブリッジって必要なんだっけ?っていうと

 

For example, a Mexican company who wants to pay a supplier in Korea today would either need to pre-fund an account in Korea or go through a foreign exchange provider like a bank. Both options are expensive and slow.  

例えば、メキシコの企業が韓国に今日中に支払いたいなーって思ったら、そもそも韓国に銀行口座を作っておくか、外為やってくれる銀行みたいな中間業者を通さないといけないわけ。その両方ともがすごく手数料が高いし、遅い

 

だからメキシコの企業は自国の通貨とXRPを交換して、韓国の企業はXRPを受け取って自国通貨に換金するっていうブリッジを行えばいいよね。取引も4秒で済むから極めて低コストで早く価値の取引ができますよ。

 

4.  XRP enables faster, cheaper and more reliable cross-border payments

XRPは早い、安い、安心の越境決済ができる

 

実際取引は4秒で完了するし、BitCoinのようにProof of workでCPUをガンガン回してハッシュ値をマイニングしなくても良いわけです。意外にも5年以上の運用実績もあります。

 

5.  It’s part of an overall network solution for faster cross-border payments 

より高速な国際送金を解決するネットワークの一部です。

 

リップルは一度ピボットしてから国際送金にフォーカスして問題解決にコミットしているので、改めて国際送金解決するぞという意思表明でしょうか。

 

6.  XRP scales faster than Bitcoin

XRPはBitcoinよりもスケールする。

 

秒間取引を比較すると、Bitcoinは秒間7取引でXRPは秒間1500取引です。クレジットカードのVisaは秒間2000取引を処理できるので、XRPの方がまだ顧客の要望に答えられています。今後開発を続けていけばおそらくこの処理能力は上がっていくでしょう。

 

7.  It’s secure

XRPはセキュア

 

ざっくりエンジニアじゃなくても分かるように言うと、バリデーターという取引を承認する役割の人をRipple社が選出します。Bitcoinだとだれでもマイナーになれますが、リップルはリップル社が基本的に管理運営します。彼らも自分の資産XRPがセキュアじゃなくなれば毀損する利害一致の関係なので資産が守られるという設定になっています。

 

他の通貨と違って会社が裏切る可能性は大いにありますがここでは不問ということにしときましょう。

 

8.  XRP is more sustainable than mined digital assets, like Bitcoin

 XRPはBitcoinみたいな採掘するデジタルアセットより持続可能です。

 

これはProof of workディスりで、ブロックが正しいことを検証するのに電力を使いまくるBitcoinよりもコンセンサス方式のXRPは低コストが実現できるから持続可能だよという話です。

 

9.  XRP is the future

XRPは未来!

 

10個のうち9個までくると熱量というかポエミーになってきました。

 

10. It’s easy to buy

簡単に買える!

 

10個目なんてもう嘘ですからね。

まだまだ一般の人は買いづらいですし、今後に期待しましょう。

 

まとめ

1つはブリッジ通貨っていう仮想通貨のイノベーションで国際送金の問題を解決するということ。でもリップルが本当にやりたいのは価値のインターネットで、XRPがデジタルアセットとして価値を持って、実際に国際送金をブリッジし始めれば個人間や企業間で価値のやり取りがXRP経由でかんたんに低コストで行えるようになるよくわかんないけどすごい未来がまっているってことがこの記事から感じ取れました。

 

XRP買うならCoincheckがおすすめ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin