リップルXRP投資速報

Webエンジニアの視点からリップルとXRPの投資情報をお届けします。

リップルXRPの約40%の取引量がある韓国で仮想通貨規制騒ぎに注意

 

リップルXRP取引量の約4割は韓国で取引

XRP Chartによると、39.72%がBithumb(韓国の取引所)で取引されているようです。

f:id:kitahashi-ryoichi:20180115194609p:plain

https://xrpcharts.ripple.com/#/

 

なぜ韓国の取引所がXRP価格に影響しているか?

2018年1月11日に韓国で仮想通貨規制の法案準備が速報される

韓国、仮想通貨の取引禁止法を準備 取引所の脱税捜査で相場20%下落 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

韓国の朴相基(パク・サンギ)法相は11日、仮想通貨の取引所取引を禁止する法案を法務省が準備していることを明らかにした。これとは別に、警察・税務当局が今週、複数の国内大手取引所を脱税の疑いで捜索したことも明らかになった。

 

取引禁止という衝撃的なニュースで短期的に仮想通貨全体の相場が下落しました。

 

韓国の取引禁止に対して20万件を超える請願活動がはじまる

韓国政府が進める仮想通貨の規制 反対する国民の請願が20万人を突破 - ライブドアニュース

 

韓国でビットコインなど仮想通貨取引が過熱する中、政府が進める取引規制に反対する国民の請願が近く20万人の賛同を集める見通しだ。

(中略)

30日以内に20万人以上の同意があった案件については政府または青瓦台の高官が回答することになっている。早ければこの日のうちに20万人を超える可能性もある。

 

規制のニュースに対して、請願という形で対抗している様子だが、投資家として最悪のケースを想定するのであれば短期的な価格暴落は想定に入れておかないといけない状況といえます。

 

2018/01/16追記 請願が実施されて回答待ちになりました

仮想通貨の規制反対請願が賛同20万人超 韓国大統領府が回答へ-Chosun online 朝鮮日報

 

匿名の仮想通貨取引に罰則が科される方針

韓国、仮想通貨の匿名取引に罰金科す方針【フィスコ・ビットコインニュース】 | マネーボイス

 

韓国ではこれまで匿名での仮想通貨取引が可能であったが、昨年12月末、政府が実名取引システムを実装する方針を発表した。 

 

その後も匿名取引の規制が報道されたり、オーストラリア、インドネシアやイスラエルでの取引禁止との世界的な法定通貨vs仮想通貨の争いに展開しつつあります。

 

韓国にとどまらないビットコイン規制の波、イスラエルや豪州でも本格化の兆し | マネーボイス

ドイツ連邦銀行取締役、国際的な仮想通貨規制を求める【フィスコ・ビットコインニュース】 | 市況 - 株探ニュース

 

まとめ

取引量の約40%を占める韓国でXRP取引が規制されるシナリオの場合、仮想通貨は時価総額に依存して価格決定しているので大暴落の可能性があります。逆に言えば、規制されない場合安心感からXRPが400円、500円と上昇トレンドにいっきに入ることもあるのでリスク管理には十分注意して投資することをおすすめします。